ニュース

マクドナルド「ごはんチキンタツタ」復活、新味“瀬戸内レモンタルタル”も仲間入り

マクドナルドでは、昨年初登場した「ごはんチキンタツタ」を復活させるとともに、新メニュー「ごはんチキンタツタ 瀬戸内レモンタルタル」を、2021年1月27日(水)から全国のマクドナルド店舗にて期間限定で発売する。

◆2種のごはんバーガーが同時に登場
「ごはんチキンタツタ」は、マクドナルドの期間限定バーガー「チキンタツタ」を、ごはんバンズで楽しめるもので、昨年5月に期間限定で登場して以来の再登場。

「チキンタツタ」は、鶏の竜田揚げをイメージした日本オリジナルのバーガーのため、ごはんとの相性はもちろん抜群。生姜醤油の風味香るやわらかなチキンパティ、シャキシャキの千切りキャベツ、クリーミーでちょっぴり辛味のあるソースと、ごはんのコンビネーションを楽しめる。

◆新作・瀬戸内レモンタルタルも仲間入り
さらに今年は、新作「ごはんチキンタツタ 瀬戸内レモンタルタル」も登場。瀬戸内産レモンをミンチにして、たまごやたまねぎ、ピクルスを合わせた具材感たっぷりの爽やかなタルタルソースがまろやかさと爽やかな風味を与え、ごはんとの新しい味のハーモニーを演出する。

チキンタツタならごはんバーガーでも合いますね。
新作のタルタルソースにも注目です。